湯来町には、広島藩が命じて建造された湯の山明神社と湯治場があり、
湯治場は国の重要有形民俗文化財に指定されています。
また、その当時のことを知る資料として、
広島藩の絵師、岡岷山が浅野の殿様の許しを得て、
寛政9年(1797年)、広島城下を出発し、湯来町を経て、
山県郡都志見村(現北広島町)に到る8日間の写生旅行の記録を
日記と風景写生の2冊にまとめられています。

歴史探訪ウォーク「江戸の湯来を歩く」は、
その本にまとめられた湯来町内での足取りを辿る、
歴史歩きの企画です。
※浅野氏広島城入城400年記念事業にも認定されています。

今年は全8コース。江戸時代に思いを馳せながら、一緒に歩いてみませんか?